FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

中期的な米インフレ見通しについては予断を持てない状況か[FISCO]

配信日時
2017年10月9日(月)18:45:02
掲載日時
2017年10月9日(月)18:55:02

 米労働省が6日に発表した9月雇用統計では、非農業部門雇用者数は前月比-3.3万人となり、市場予想の+8万人程度を大幅に下回ったが、市場が注目した平均時間給は前年比+2.9%のやや高い伸びとなり、市場予想の+2.6%を上回った。失業率は8月の4.4%から4.2%に低下した。 9月の就業者数が減少した理由について市場関係者の多くは「ハリケーンの被害による一時的な影響」と見ている。そのため、10月の非農業部門雇用者数は大幅な反動増が予想されている。ただし、平均時給が10月以降も2.9%前後のやや高い伸び率を維持することは難しいとの声が聞かれている。断定はできないが、ハリケーンの影響が多業種に及んでいる可能性があるとみられており、市場関係者の一部は「10月の平均時給の伸び率は前月比マイナスとなる可能性がある」と予想している。外為市場は米12月追加利上げを完全に織り込んでいるが、中期的なインフレ見通しについては予断を許さない状況が続くとみられる。

<MK>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月  
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp