FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

今日の為替市場ポイント:米金利差拡大を意識してドル一段高の可能性も[FISCO]

配信日時
2017年9月21日(木)09:40:33
掲載日時
2017年9月21日(木)09:50:33

20日のドル・円相場は、東京市場では111円65銭から111円34銭で推移。欧米市場でドル・円は一時112円53銭まで買われており、112円17銭で取引を終えた。本日21日のドル・円は、米連邦公開市場委員会(FOMC)声明を受けて年内の追加利上げ観測が浮上し、112円台半ばで推移か。日米金利差拡大を意識したドル買いが進み、113円前後まで上昇する可能性も。米連邦準備制度理事会(FRB)は20日、FOMCで政策金利の1.00%-1.25%据え置きと、10月にバランスシートの縮小を開始することを決定した。ただ、同時に発表された政策金利見通しで、年内あと1回の追加利上げの想定を維持した。このため、市場ではタカ派寄りとして受け止められ、12月のFOMC会合での追加利上げ観測が再浮上した。これを受けて、ドル高・円安基調が加速。また、米長期金利の低下もドル買いを促している。この流れは東京市場でも継続すると見られる。本日午後に発表される日銀の金融政策会合では、長期金利をゼロ%程度に誘導する現行の金融緩和の維持を決定する公算が大きい。このため、日米金利差拡大によるドル買い・円売りが一段と強まる可能性がある。

<WA>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp