FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

日経平均テクニカル:もち合いレンジ下限での攻防、パラボリックの陰転近づく[FISCO]

配信日時
2017年9月5日(火)18:15:00
掲載日時
2017年9月5日(火)18:25:00

続落。前日の下げで8月31日のリバウンド局面で空けていたマド(19538-19583円)を埋めたが、本日は8月30日に空けたマド(19371-19435円)を埋めている。ボリンジャーバンドでは-1σを下回り、再び-2σが意識されてきている。パラボリックのSAR値は19339円まで上昇してきており、これにタッチする形での陰転シグナル発生が近づいてきている。一方でMACDは下向きで推移しているが、まだシグナルを上回っており、陽転シグナルが継続している。一目均衡表では転換線が上値抵抗として意識されやすく、もち合いレンジの下限での攻防に。週間形状では26週線が上値抵抗になりやすい半面、一目均衡表の基準線が支持線として意識されやすい。遅行スパンは実線を割り込む可能性が高そうだが、踏ん張り処である。

<CS>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2018年1月2月          
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ