FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

日経平均テクニカル:パラボリック、MACDが陽転シグナルを発生[FISCO]

配信日時
2017年8月31日(木)18:15:00
掲載日時
2017年8月31日(木)18:25:00

続伸。終値ベースでは10営業日ぶりに19600円を回復して取引を終えた。マドを空けての上昇で19500円を回復し、その後もじり高基調が続いており、上値抵抗の25日線に接近してきている。足元でもち合いが続いていたが、このレンジ(19300-19550円)を超えてきため、今後は19550円処が支持線として意識されよう。ボリンジャーバンドでは-1σと中心値(25日)に移行してきており、目先的にはいったん達成感が意識されてくるが、シグナルは徐々に好転してくることになろう。パラボリックはSAR値にタッチしたことから、陽転シグナルを発生している。一目均衡表では下方シグナルが継続しているが、転換線を支持線に変え、基準線を捉えてきており、今後は雲下限が意識されてきそうだ。MACDはシグナルとのクロスにより、陽転シグナルを発生させており、まずはもう一段のリバウンドを試す展開が期待される。

<CS>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月       
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ