FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

概況からBRICsを知ろう~ロシア株式市場は7日続伸、企業業績の改善が好感され関連銘柄に買いが広がった[FISCO]

配信日時
2017年8月30日(水)10:32:48
掲載日時
2017年8月30日(水)10:42:48

【ブラジル】ボベスパ指数 71329.85 +0.44%29日のブラジル株式市場は3日ぶりに反発。主要指標のボベスパ指数は前日比313.26ポイント高(+0.44%)の71329.85で取引を終えた。71329.85まで上昇した後、一時70517.41まで下落した。売りが先行した後は買い戻され、後半はプラス圏を回復した。北朝鮮のミサイル発射実験について、米朝の軍事衝突につながることはないとの見方が支援材料となり、後半は買いが優勢となった。一方、原油価格の下落などが指数の足かせになった。【ロシア】MICEX指数 1989.12 +0.10%29日のロシア株式市場は7日続伸。主要指標のMICEX指数は前日比1.97ポイント高(+0.10%)の1989.12で取引を終了した。1989.12から1967.11まで下落した。大幅安で寄り付いた後は下げ幅をじりじりと縮小させた。企業業績の改善が好感され、関連銘柄に買いが広がった。一方、高まる北朝鮮の緊張情勢が警戒され、朝方は大幅安で寄り付いた。また、原油価格の下落なども圧迫材料となった。【インド】SENSEX指数 31388.39 -1.14%29日のインドSENSEX指数は5営業日ぶりに反落。前日比362.43ポイント安(-1.14%)の31388.39、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同116.75ポイント安(-1.18%)の9796.05で取引を終えた。売りが先行した後は下げ幅をじりじりと拡大させた。北朝鮮をめぐる地政学リスクの高まりや、この日の香港や東京市場がさえない展開を示していることを受け、インド株にもリスク回避の売りがやや強まった。また、連日の上昇で足元では高値警戒感も強い。【中国本土】上海総合指数 3365.23 +0.08%29日の上海総合指数は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比2.57ポイント高(+0.08%)の3365.23ポイントと小幅ながら3日続伸した。約1年8カ月ぶりの高値水準を切り上げている。資金流入期待で買われる展開。中国本土・香港間の「相互乗り入れ」(両株式市場の相互取引開放)を通じた取引では、本土に向けた資金流入が先週後半から加速している。全国社会保障基金などの買い支え期待も根強い。「国有企業改革」の進展も評価される。中国国有資産監督管理委員会は28日、中国国電集団と神華集団を合併させると発表した。ただ、上値は限定的。金利高を警戒して指数はマイナス圏で推移する場面もみられた。上海銀行間取引金利(SHIBOR)の翌日物は29日、15年4月以来の2.9%台に跳ね上がっている(昨日までは2.8%台で推移)。

<NH>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月 
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp