FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

ドル円、米株も買い戻しが強まり買い戻しをサポート=NY為替

配信日時
2017年8月23日(水)00:46:00
掲載日時
2017年8月23日(水)00:56:00

 ドル円は109.40近辺で推移。きょうは前日と逆にドル買いが優勢となっておりドル円も109円台を回復している。きょうも主要な米経済指標の発表も無く手掛かり材料に乏しい中、週末に米ワイオミング州ジャクソンホールで開催されるFRBのシンポジウムに向けた調整の動きが中心のようだ。

 前日は108円台に再び下落していたが、108円台では本邦勢の買いも観測されているようだ。トランプ大統領の経済政策運営や北朝鮮問題は依然として不透明感が根強いものの、きょうは米株も買い戻しが強まっており、ドルの買い戻しをサポートしている。

 朝方発表になった米地区連銀指数が予想を回ったことで、109.55付近まで上昇し、10日線に顔合わせする場面も見られたが、現状は上値は抑えられている。その水準を上抜いて21日線が控える110円台前半の水準を試す流れになるか注目されるところではある。

 ジャクソンホールで開催されるFRBのシンポジウムだが、イエレン議長のほか、今回はドラギECB総裁も出席の予定。イエレン議長は9月FOMCでのバランスシート縮小開始に言及してくることが見込まれるが、市場は既にそれを織り込んでおり、注目はインフレ見通しと年内利上げについて何らかのヒントが出るかあろう。

 市場では足元のインフレは鈍化傾向にあるものの、一時的要因でインフレ目標に向かって行くとの見解を議長が強調するようであれば、利上げ期待が高まりドル買戻しが強まるとの見方も出ているようだ。

USD/JPY 109.41

みんかぶ「KlugFX」 野沢卓美

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月   
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp