FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

概況からBRICsを知ろう~上海総合指数は値上がり、中国聯通がストップ高[FISCO]

配信日時
2017年8月22日(火)13:28:46
掲載日時
2017年8月22日(火)13:38:46

【ブラジル】ボベスパ指数 68634.65 -0.12%21日のブラジル株式市場は弱含み。主要指標のボベスパ指数は前日比80.01ポイント安(-0.12%)の68634.65で取引を終えた。69068.30 まで上昇した後、一時68514.33まで下落した。プラス圏で推移した後は終盤にマイナス圏に転落した。米国の政治混乱や欧州市場がさえない展開を示したことを受け、ブラジル株にも売り圧力が強まった。また、原油価格が反落したことなども資源銘柄の売り手掛かり。一方、指数の下値は限定的だった。構造改革への前進期待などが引き続き支援材料となった。【ロシア】MICEX指数 1937.66 +0.36%21日のロシア株式市場は5日ぶりに反発。主要指標のMICEX指数は前日比6.95ポイント高(+0.36%)の1937.66で取引を終了した。1943.78から1932.25まで下落した。終始プラス圏で推移し、終盤に上げ幅をやや縮小させた。ブレント原油価格の上昇が支援材料となり、資源銘柄を中心に買いが広がった。一方、指数の上値は重い。米国の政治混乱や欧州市場がさえない展開を示したことが指数の上値を押さえた。【インド】SENSEX指数 31258.85 -0.84%21日のインド株式市場は続落。ムンバイ証券取引所の主要30社株価指数SENSEXは前日比265.83ポイント安(-0.84%)の31258.85、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同83.05ポイント安(-0.84%)の9754.35で取引を終えた。買いが先行した後は売りに押され、引けにかけて下げ幅をじりじりと拡大させた。米国の政治混乱など不安定な海外環境が引き続き指数の足かせに。また、外国人投資家(FII)の売り継続も圧迫材料となった。FIIはきのう21日までに8日連続の売り越しとなった。【中国本土】上海総合指数 3286.91 +0.56%21日の上海総合指数は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比18.18ポイント高(+0.56%)の3286.91ポイントと3日続伸した。「国有企業改革」の進展期待が強まる流れ。3大通信グループの一角、中国聯合網絡通信集団(聯通集団)が予定する「混合所有制改革」の進ちょくが手がかりとなっている。聯通集団傘下の中国聯通(600050/SH)が同改革の一環として行う第三者割当増資に関し、発行規模や発行価格が増資規定に抵触するとの指摘が上がっていたが、中国証券監督管理委員会が20日付で特別に認可した。中国聯通株は取引を再開し、寄り付きからストップ高に張り付いている。

<NH>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月 
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp