FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

今週の【マザーズ市場】8月14日~18日『好業績株物色で下げ渋るも、週末にかけてポジション調整の動き』[FISCO]

配信日時
2017年8月20日(日)15:07:00
掲載日時
2017年8月20日(日)15:17:00

【3日続落、好業績株が買われ下げ渋る】14日(月)■概況■1067.35、-10.8414日(月)のマザーズ市場では、北朝鮮情勢の緊迫化や円高進行を受けて日経平均が続落スタートとなるなか、リスク回避の売りが先行する展開となった。ただ、寄り付き後は好業績株を中心に買いが入り、マザーズ指数はやや下げ渋った。なお、マザーズ指数は3日続落、売買代金は概算で1102.40億円とおよそ半月ぶりに1000億円台を回復した。騰落数は、値上がり55銘柄、値下がり178銘柄、変わらず6銘柄となった。◆注目銘柄◆インフォテリ、SOSEI、アンジェス、モブキャス、メタップスなどが下落。SOSEIは第1四半期の減益決算を受けて、およそ1年半ぶりに節目の1万円を割り込む場面があった。決算が嫌気されたマイネットやリネットジャパンは売り気配のままストップ安比例配分となり、DDSもストップ安まで売られた。その他でもトランザス、WASHハウス、BSなど下落率が2ケタに上る銘柄が多く見られた。一方、マザーズ売買代金トップのアカツキは急反発し上場来高値を更新。第1四半期決算が大幅な増収増益となった。同様に好決算の中村超硬やエンバイオHDが大きく買われ、アトラエやJリースも上げが目立った。その他、サイバーS、GNI、ミクシィ、アクセルマークなどが上昇した。--------------------------------------【4日ぶり小幅反発、小型材料株や直近IPO銘柄の一角に物色】15日(火)■概況■1067.66、+0.3115日(火)のマザーズ市場では、北朝鮮情勢への警戒感後退で日経平均が反発スタートとなるなか、投資家心理の改善により買いが先行した。しかし、主力株は戻り売りに押され上値が重く、決算を受けて急落する銘柄も相次いでマザーズ指数は伸び悩んだ。物色は値動きの軽い小型材料株や直近IPO銘柄の一角に向かった。なお、マザーズ指数は4日ぶり小幅反発、売買代金は概算で930.88億円。騰落数は、値上がり149銘柄、値下がり86銘柄、変わらず4銘柄となった。◆注目銘柄◆UNITED、Gunosy、DDSなどが上昇し、SOSEIやアンジェスは小幅高となった。インフォテリのほか、ゲーム株のアクセルマーク、直近IPO銘柄のトランザス、株式分割を発表したIIFは10%超の大幅高。また、ファイズはストップ高まで買われた。一方、マザーズ売買代金トップのアカツキやミクシィ、サイバーS、サイバーダイン、GNIなどが下落。リネットジャパンは連日のストップ安比例配分となり、監理銘柄(確認中)に指定されたGオイスターや第1四半期決算を発表したうるるもストップ安まで売られた。また、マイネットやビーグリーなどは10%を超える下落となった。--------------------------------------【大幅続伸、日経平均小動きで中小型株物色】16日(水)■概況■1088.97、+21.3116日(水)のマザーズ市場は、中小型株物色の流れから堅調な展開となった。手掛かり材料難で日経平均が小動きとなり、個人投資家の物色はマザーズ銘柄などの中小型株に向かった。このところの株価下落により、従前の人気株や直近IPO銘柄の一角ではリバウンド期待も高まったようだ。ただ、時価総額上位銘柄は引き続き上値の重い展開だった。なお、マザーズ指数は大幅続伸、売買代金は概算で1052.69億円。騰落数は、値上がり184銘柄、値下がり50銘柄、変わらず6銘柄となった。◆注目銘柄◆インフォテリ、アクセルマーク、アカツキ、アンジェス、マイネットなどが上昇。SOSEIは小幅高。サイバーSやDDSはストップ高まで買われ、ソウルドアウト、比較.com、BS、Dスタンダードも10%超の大幅高となった。一部報道を受けてBSなど電子決済関連に物色が向かった。一方、ミクシィ、IIF、Gunosyなどが下落。Gオイスターは大幅続落しマザーズ下落率トップ。前日買われた直近IPO銘柄のトランザスも急反落した。--------------------------------------【3日続伸、戻り一服の銘柄も多く】17日(木)■概況■1097.39、+8.4217日(木)のマザーズ市場では、前日からの中小型株物色の流れを引き継いで買いが先行した。ただ、25日線などの節目で戻り一服となる銘柄が多く、マザーズ指数も1100pt手前でのもみ合いが続いた。一部の需給良好な銘柄を除き、積極的に上値を追う動きは限定的だった。なお、マザーズ指数は3日続伸、売買代金は概算で941.36億円。騰落数は、値上がり137銘柄、値下がり98銘柄、変わらず4銘柄となった。◆注目銘柄◆売買代金トップのサイバーSや、インフォテリ、アクセルマーク、ミクシィ、中村超硬などが上昇。アンジェスやWASHハウスの上げが目立った。WASHハウスは長雨でコインランドリーが盛況との報道が押し目買いを誘ったようだ。また、U&Cが20%近い大幅高でマザーズ上昇率トップとなった。一方、SOSEIなどが軟調で、アカツキやUNITEDも小安い。また、GNI、うるる、VEGAなどがマザーズ下落率上位に顔を出したが、大きく売り込まれる銘柄は見られなかった。--------------------------------------【大幅反落、引けにかけてポジション調整の動き】18日(金)■概況■1084.80、-12.5918日(金)のマザーズ市場では、前日比大幅安スタートとなった直後に、日経平均が下げ止まりをみせたことから、一時的に関心が向かう場面があった。しかしその後は、引けにかけて弱含む展開となった。米政権の混乱やバルセロナで発生したテロ事件により投資家心理が悪化し、相場全体が軟調地合いになったことを受けて、中小型株での積極的な値幅取りの商いは手掛け辛い環境に。また、直近3営業日続伸していたことから、引けにかけてポジション調整の動きが強まった。なお、マザーズ指数は大幅反落、売買代金は概算で926.40億円。騰落数は、値上がり54銘柄、値下がり180銘柄、変わらず5銘柄となった。◆注目銘柄◆時価総額上位のSOSEIのほか、インフォテリアやサイバーSなどが売られた。一方で、中村超硬やアカツキ、アンジェスなどは買われた。値下がり率上位では、直近IPO銘柄のビーグリーやシェアリングテクノロジーのほか、本日から信用規制実施のアクセルマークなどが大幅安となった。一方値上がり率上位には、立会外分売の実施を発表したUbicomのほか、Aimingやタイセイなどが並んだ。--------------------------------------

<DM>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月 
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp