FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

概況からBRICsを知ろう~ブラジル株式市場は4日続伸、欧米市場の上昇が好感されブラジル株にも買いが広がった[FISCO]

配信日時
2017年8月17日(木)10:05:00
掲載日時
2017年8月17日(木)10:15:00

【ブラジル】ボベスパ指数 68594.30 +0.35%16日のブラジル株式市場は4日続伸。主要指標のボベスパ指数は前日比239.17ポイント高(+0.35%)の68594.30で取引を終えた。68950.34まで上昇した後、一時68304.34まで下落した。中盤にマイナス圏に転落する場面もあったが、後半は再び買い戻された。欧米市場の上昇が好感され、ブラジル株にも買いが広がった。また、景気の回復期待が高まっていることなども支援材料。一方、原油価格の下落が資源セクターの圧迫材料となった。【ロシア】MICEX指数 1942.88 -0.38%16日のロシア株式市場は小幅続落。主要指標のMICEX指数は前日比7.40ポイント安(-0.38%)の1942.88で取引を終了した。1957.62から1941.07まで下落した。前日の終値近辺でもみ合った後は終盤にマイナス圏に転落した。売買代金の低迷が圧迫材料となり、終盤に売り圧力がやや強まった。また、原油価格の下落も資源セクターの売り手掛かりとなった。一方、指数の下値は限定的。欧州市場の上昇などが指数をサポートした。【インド】SENSEX指数 31770.89(+1.02%)16日のインドSENSEX指数は続伸。前日比321.86ポイント高(+1.02%)の31770.89、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同103.15ポイント高(+1.05%)の9897.30で取引を終えた。前日の終値近辺でもみ合った後は上げ幅をじりじりと拡大させた。政府がデジタル決算を推進する方針を示したことが通信・IT関連の物色手掛かり材料。昨年11月の高額紙幣の廃止が実施されてから、デジタル決済は前より34%増加していると報告されている。【中国本土】上海総合指数 3246.45 -0.15%16日の】上海総合指数は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比4.81ポイント安(-0.15%)の3246.45ポイントと3日ぶりに反落した。短期金利の上昇が嫌気された。中国人民銀行(中央銀行)は16日、約3週ぶりとなる高水準の資金を供給したものの、上海銀行間取引金利(SHIBOR)の翌日物に下げ止まりの気配はない。約2週間ぶりの高い水準に達している。人民元安基調が続いていることもネガティブだ。海外マネー流入の縮小も警戒。中国本土・香港間の「相互乗り入れ」(両株式市場の相互取引開放)を通じた取引では、上海株の売り越しが続いている。

<CS>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月   
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp