FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

ユーロは狭い範囲で上下動 耐久消費財のインフレを確認したい=NY為替

配信日時
2017年6月14日(水)01:53:00
掲載日時
2017年6月14日(水)02:03:00

 ユーロは狭い範囲での上下動を続けており、ユーロドルは1.12ちょうど付近、ユーロ円も123円台前半での推移となっている。先日のECB理事会を通過してもなお、ユーロは底堅い動きを続けている。米インフレ鈍化への警戒感もあり、ドルの上値が重いなか、ユーロへのフローは続いているようだ。

 先日の理事会でECBは出口戦略に向けて一歩舵を切ったものの、依然として慎重姿勢を継続している。きょうは理事会メンバーのスメッツ・ベルギー中銀総裁の発言が伝わっていたが、刺激策を後退させるためには耐久消費財のインフレが目標である2%付近に達するのを確認したいと述べていた。

 ユーロ圏の景気にはポジティブな雰囲気が高まってきているが、労働市場や賃金の強さは無く、耐久消費財のインフレを支援する2つの要素が弱いままだとしている。

EUR/USD 1.1200 EUR/JPY 123.30 EUR/GBP 0.8789

みんかぶ「KlugFX」 野沢卓美

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月 
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp