FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

ドル円は原油安が圧迫もフィッシャー発言で下げ渋り=NY為替

配信日時
2017年4月22日(土)00:44:00
掲載日時
2017年4月22日(土)00:54:00

 ドル円は109円付近での狭い範囲での推移が続いている。きょうはじり安の展開がとなっており、ドル円は一時108円台に下落する場面も見られた。商品市場で原油が50ドルを割り込んでおり、それに伴って米国債利回りが下げていることがドル円を圧迫している。

 原油については、産油国の減産は続けているものの、米国の生産増がそれを相殺しており、下落圧力に繋がっているようだ。中国からの需要が伸び悩む中、供給サイドの調整だけでははやり、限界がありそうだ。

 前日は109.50手前まで上昇していたが、そこから上値を試す雰囲気まではなく、きょうは戻り売りに押されている。しかし、地政学リスクも一服する中、ドル円の売り圧力も一旦緩んでおり下押す動きまでは出ていない。

 市場の注目は日曜日の1回目の仏大統領選の動向に集中している。前日までの世論調査では中道派のマクロン氏の優勢が続いている一方、極右のルペン氏や、台風の目となっている極左のメランション氏はやや支持を減らしている状況。ただ、あくまで世論調査で前年の例を思い起こすと、懸念は完全には取れないようだ。

 きのうパリでテロ事件が発生し、その影響が投票行動に出るか注目されるところではあるが、影響は限定的との見方も多い模様。

 先ほどフィッシャーFRB副議長の発言が伝わっていたが、利上げについてはこれまでと変わらず、あと2回との見方を示していた。バランスシートについても、向こう数回のFOMCで決定するとも述べている。

 今月に入って発表されている米経済指標が弱いことから、FRBの利上げ期待を後退させる動きも見られていたが、フィッシャー副議長の発言からは、現時点ではFOMCメンバーの見方は変わらないようだ。

USD/JPY 109.14

みんかぶ「KlugFX」 野沢卓美

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp