FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

ドル円は109円台回復 米国債利回りの下げはやや行き過ぎか=NY為替

配信日時
2017年4月20日(木)00:22:00
掲載日時
2017年4月20日(木)00:32:00

 きょうはドルの買い戻しが優勢となっており、ドル円も109円台を再び回復している。前日は、再び108円台前半まで下落する場面も見られたが、108円台前半に来ると押し目買いも出るようだ。前日は200日線(108.80付近)を下回っていたが、サポートされている格好。

 前日に上値を拒まれた109.20水準や、その上には10日線が109円台半ばにきており、目先の上値レジスタンスとして意識される。

 ドル買い戻しの要因としては、ムニューシン米財務長官がFT紙とのインタビューで、トランプ大統領のドル高けん制発言について、ドル相場を押し下げるための口先介入ではないと強調したことがあげられる。

 また、きょうのドル買い戻しを最もフォローしているのが、米国債利回りの上昇であろう。前日までの利回りの下げで10年債利回りは11月の水準まで低下している。地政学リスクや、このところ、弱い米経済指標が相次いで発表されており、利上げ期待がやや後退していることが、利回りを押し下げているようだ。

 ただ、米10年債は12月の米利上げ前の水準でもあり、現時点では、米利上げがもう無いというシナリオまでは描きづらい。やや行き過ぎとも思われ、きょうは見直しの動きも出ているのかもしれない。

USD/JPY 109.03

みんかぶ「KlugFX」 野沢卓美

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月      
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp