FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

仏大統領選の1回目の投票控え、ユーロは来週も神経質な展開か=NY為替

配信日時
2017年4月15日(土)00:39:00
掲載日時
2017年4月15日(土)00:49:00

 ユーロドルは1.06台前半で推移している。朝方発表になった米小売売上高や消費者物価指数が予想を下回る弱い内容となったことから、為替市場はドル売りの反応が出ている。ユーロドルも指標発表後に20ポイントほど上昇したが、更に上値を試す動きまでは出ていない。

 今週のユーロドルはトランプ大統領の「ドルは強すぎる」との発言が伝わり、一時1.06台後半まで上昇する場面も見られたが、上げを維持できずに伸び悩んでいる。1.06台は維持しているものの、1.06台前半でのレンジ相場を続けている。

 来週のイースター休暇明けに、いよいよ仏大統領選モードに入りそうだ。第1回目の投票が4月23日に実施されるが、最新の世論調査ではルペン氏とマクロン氏が拮抗しており、各候補ともそれほど差がない。ルペン氏とマクロン氏が2回目の決選投票に進んだ場合はマクロン氏が優勢のようだ。

 世論調査からはルペン氏が勝利する確率は低く、リスク要因にはなりにくそうだが、最近の大型選挙は世論調査通りにならないこともあり、ユーロは来週も神経質な展開となりそうだ。

EUR/USD 1.0626

※仏大統領選世論調査(4月13日時点・仏IFOP調査)
1回目投票(4月23日)
()は前日比
ルペン氏    23.5% (変わらず)
マクロン氏   22.5% (変わらず)
フィリョン氏  19.0% (変わらず)
メランション氏 19.0% (+0.5%)

2回目投票(5月7日)
マクロン氏 58.5%
ルペン氏 41.5%

みんかぶ「KlugFX」 野沢卓美

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月8月    
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp