FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

週明けは手掛かり難、ドル相場の下げは一服=ロンドン為替概況

配信日時
2017年3月20日(月)20:28:00
掲載日時
2017年3月20日(月)20:38:00

週明けは手掛かり難、ドル相場の下げは一服=ロンドン為替概況

 20日のロンドン市場は、序盤にドル安の動きも、次第に一服している。先週の一連のイベントを通過して、週明けは材料難の相場展開となっている。G20声明からは「保護主義に対抗する」との文言が盛り込まれず、トランプ政権に気を遣った内容となっていた。

 東京不在のアジア市場では小幅にドルが売られたが、ロンドン序盤にもドル売りが先行した。米債利回りが低下して取引を開始したことに反応、ドル円は112.46近辺、ユーロドルは1.0777近辺までドル安水準を更新した。しかし、その後はドル売りは一服。米債利回りが先週末水準へと下げ渋る動きとともにドル円は112.88近辺、ユーロドルは1.0750近辺までドル高の推移。

 クロス円はやや円安の推移。欧州株は利益確定売りに押されているが、特段のリスク回避ムードは波及していない。ユーロ円は121円台前半、ポンド円は140円ちょうど近辺へと上昇。アジア時間から水準を上げてきている。ドル円の反発の動きに連れ高となっている。

 この日発表された2月ドイツ生産者物価指数は、前月比が+0.2%と前回の+0.7%から伸びが鈍ったが、前年比は+3.1%と前回の+2.4%から伸び加速。まちまちの結果でユーロ相場は反応にしくかった。

 豪ドルは堅調。豪ドル円は87円乗せから一時87.23近辺まで高値を伸ばしている。NY原油先物は軟調に推移、欧州株も調整売りに押されているが、先週の米FOMC後の豪ドル買い圧力が継続している。

みんかぶ「KlugFX」 松木秀明

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月         
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp