FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

FOMC受けドル円は113円台前半に急落 オランダ選挙は与党勝利の公算=NY為替概況

配信日時
2017年3月16日(木)06:10:00
掲載日時
2017年3月16日(木)06:20:00

 きょうのNY為替市場は後半になってドルが急落している。午後に公表されたFOMC声明や経済、金利見通しを受けて為替市場はドル売りの反応が強まった。大方の想定どおり0.25%の利上げが実施されたが、注目のFOMCメンバーによる金利見通し(ドット・プロット)は年内は、あと2回の利上げを予測しており、12月の予想を変わらない内容だったことに失望感した模様。

 また、その後のイエレンFRB議長の会見でも、緩やかな利上げに言及し、タカ派な発言もなかったことから、ドルは売りが加速している。

 ドル円はFOMCの結果発表後から売りが強まったが、113.75付近に来ていた21日線で一旦下げ止まっていた。しかし、イエレン議長の会見を受けて更に下げ幅を拡大し、一時113.20付近まで下落している。上値へのモメンタムは一旦、完全に失ったようだ。

 一方、ユーロドルは買いが強まり、1.07台に再び上昇している。FOMCも然ることながら、終盤になって、この日実施されたオランダ下院総選挙の出口調査で、与党自由民主党が第1党となったことが伝わったこともユーロの買いを加速させたようだ。保護主義を主張する極右の自由党は破れた格好で市場にも、ひとまず欧州の政治リスクに安心感が出そうだ。

みんかぶ「KlugFX」 野沢卓美

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月         
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp