FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【これからの見通し】きょうは米FOMCの経済予測に注目

配信日時
2017年3月15日(水)15:45:00
掲載日時
2017年3月15日(水)15:55:00

 きょうのメインイベントは米FOMCの結果発表。0.25%の利上げが市場のコンセンサスとなっている。今回は声明に加えて、四半期ごとの経済予測発表とイエレン議長の会見も実施される。市場では経済予測でのドットプロット(金利予想の分布図)に関心が集まっている。従来の年内3回利上げ見通しから4回へと引き上げられるかどうかが注目されている。4回となればドル買いの反応がみられそうだ。

 また、今回からはマクロ経済見通しにその確実度を表すファンチャート(扇型チャート)が追加されることになっている。市場とのコミュニケーションがより詳しくなるのか、かえって様々な解釈を生んでしまうのか、その反応には注意しておきたい。

 イエレン議長の会見での発言内容にも気を遣いそうだ。6月までの一段の利上げ可能性が示唆されればドル買いに、慎重にデータ次第との姿勢を示せばいったんドル売りとなるイメージ。

 また、FOMC発表に先立って、米小売売上高(2月)、米消費者物価指数(2月)、NY連銀製造業景気指数(3月)、米企業在庫(1月)などの米経済統計が発表される。小売売上高は前月比プラスが維持される見込みだが、伸び率は鈍る予想。一方、消費者物価指数は前年比+2.7%と前回の+2.5%からさらに上昇が加速する見込みになっている。米FOMCを控えてドル買いに反応するのかどうかが注目される。

 また、原油動向が神経質になっており、きょうの米EIA週間石油在庫統計も注目されそうだ。昨日はサウジアラビアが増産していたとの報道に下落したあと、きょうの時間外取引ではAPI在庫統計の減少で買い戻しとなっていた。カナダドル相場にとっては注目のイベントに。
 
みんかぶ「KlugFX」 松木秀明

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月       
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp