FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

原油急落がドル円にも影響か=NY為替

配信日時
2017年3月15日(水)00:16:00
掲載日時
2017年3月15日(水)00:26:00

 ドル円はNY時間に入って戻り売りが強まっており、114円台半ばまで下落。ロンドン時間には115円台を回復していたが、再び上値を抑えられている。115円台をなかなか固め切れない中、ドル円は見切り売りから失速した格好。ただ、ポイントとなっている114.50水準は維持されており、上値追いのモメンタムまではまだ、無くしていないようだ。

 ドル円については米国債の動きがポイントとなっている。明日にFOMCの結果発表が控える中、米10年債利回りは2.63%付近まで上昇していたが、現在は2.6%を下回っている。商品市場で原油が47ドル台前半まで下落しており、これが利回りを押し下げているようだ。

 また、明日のFOMCでは利上げがほぼ確実視されているが、米国債は少し利上げ期待を織り込み過ぎとの指摘も聞かれる。

 なお、原油下落については、サウジの2月の原油生産が日量26.33万バレル増の1001.1万バレルに増加していたことが嫌気されている。OPECへの月次報告で明らかになった。

 減産合意の上限である日量1005.8万バレルは下回っているものの、先週の米週間石油在庫統計で供給過剰への懸念も高まっている中、サウジが下期以降増産したがっている気配も見せており、原油は売りが止まらなくなっているようだ。

USD/JPY 114.69

NY原油先物4月限(WTI)(NY時間11:11)
1バレル=47.19(-1.21 -2.50%)

みんかぶ「KlugFX」 野沢卓美

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月8月    
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp