FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

ユーロ下落 左派協力の可能性で仏大統領選が更に混迷=NY為替

配信日時
2017年2月18日(土)01:34:00
掲載日時
2017年2月18日(土)01:44:00

 NY時間に入ってユーロドルは戻り売りが強まっており、ロンドン時間の1.06台後半から1.06台前半に値を落としている。きょうの市場は調整の雰囲気が強まっているが、ドルは底堅い動きを続けており、ユーロドルを圧迫している。週後半にかけてユーロドルは1.05台前半から急速に戻していたが、21日線が控える1.07付近には届いていない。やはり、ECBの緩和姿勢や政治リスクがユーロの上値を重くしているようだ。

 政治リスクに関しては、フランス大統領選が混迷しており、目先の大きなリスクとして意識されている。きょうは左派政党が中道派をけん制するために選挙協力するのではとの観測が流れている。社会党のアモン候補がラジオに出演し、左翼党と選挙協力できるか、メランション共同党首と協議を始めたという。

 もしこの協力体制が確立すれば、中道派を圧迫する可能性もあり、そうなるとEU離脱を主張している極右国民戦線のルペン党首に有利に働くとの観測も出ている。

 欧州債市場でフランス国債は下落し利回りが上昇している。

EUR/USD 1.0624 EUR/JPY 119.81 EUR/GBP 0.8553

みんかぶ「KlugFX」 野沢卓美

過去記事カレンダー

2017年1月2月          
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp