FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【これからの見通し】米三連休を控えて材料難、調整に注意も

配信日時
2017年2月17日(金)15:45:00
掲載日時
2017年2月17日(金)15:55:00

 今週もようやく金曜日を迎えている。日米首脳会談を無難に通過して、イエレンFRB議長証言に注目が集まるなかで発表された一連の米経済指標は強めの結果が相次いだ。イエレン議長は早期利上げを示唆した。ドル買いが進む条件が整ったかのようだったが、存外にドル売りに押される1週間となっている。トランプ政権での人事動向が不安材料となっている面があったようだ。

 さらに、オプション取引などではレンジ想定の力が強いとの声も聞かれる。円安を想定した取引であっても、ある程度の値幅でキャップが掛かる戦略が散見された。短期ポジションがドル買い持ちに傾いた面を指摘する向きもある。きょうのドル円は113円台前半で揉み合っている。2月に入ってからの111円台半ばから115円手前までのレンジのちょうど半ばに位置しており、短期的には居心地が良さそうだ。

 きょうはイベント材料に欠けている。ユーロ圏経常収支(12月)、英小売売上高(1月)、米コンファレンスボード景気先行指数(1月)などの経済指標発表が予定されている程度。英小売統計は月次での振れ幅が大きく、予想から乖離した結果となれば、ポンド相場は神経質に反応しそうだ。ただ、その他主要通貨が動意薄とあっては、なかなかレンジブレイクとはなりにくいだろう。

 来週の月曜日は米国市場がプレジデンツデーのため休場となる。三連休を控えた米株式動向に注目が集まりそうだ。米株式市場は昨日から様子見ムードが漂っていた。最高値圏の割りには調整の動きは限定的。きょうはどうか。 

みんかぶ「KlugFX」 松木秀明

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp