FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

12日の中国本土市場概況:上海総合0.6%安と3日続落、素材セクターに売り[FISCO]

配信日時
2017年1月12日(木)17:05:41
掲載日時
2017年1月12日(木)17:15:41

12日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比17.47ポイント(0.56%)安の3119.29ポイントと3日続落した。上海A株指数も下落し、18.34ポイント(0.56%)安の3266.04ポイントで取引を終えた。外貨建てB株相場も値下がり。上海B株指数は0.50ポイント(0.14%)安の341.93ポイント、深センB株指数は3.05ポイント(0.27%)安の1122.69ポイントで終了した。市中金利の上昇基調がネガティブ。上海銀行間取引金利(SHIBOR)は今年に入り上げ足を速め、1カ月物はこの日、約1年8カ月ぶりの高い約3.63%に達している。資金調達コストの上昇など、実体経済に対する悪影響が懸念される状況だ。業種別では、素材株の下げが目立つ。非鉄の中国アルミ(601600/SH)が2.4%安、鉄鋼の宝鋼(600019/SH)が1.2%安で引けた。ITハイテク関連株やバイオ医薬関連株、インフラ関連株なども安い。銀行株や保険株、不動産株、自動車株、発電株なども売られた。中小型株を好むとされる個人投資家のセンチメントも悪化。ベンチャー企業株で構成される深セン創業板指数は0.38%安と6日続落し、約10カ月ぶりの安値を切り下げた。【亜州IR】

<ZN>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月         
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp