FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

ドル売り優勢、ドル円は一時114円台前半に軟化=東京為替概況

配信日時
2017年1月12日(木)15:37:00
掲載日時
2017年1月12日(木)15:47:00

 東京外為市場終盤は、ドル売り優勢となっている。序盤は、強弱感の交錯するなか、もみ合いとなっていた。だが中盤以降は、米債利回りの低下を手掛りに、ドル売りが優勢となり、ドル円は一時114円台前半まで軟化、ユーロドルは1.06ドル台前半で取引されている。
        
 ドル円は、114円台半ばで取引されている。序盤は、トランプ政権への不透明感からの売りと押し目買いが交錯し、114円台後半~115円台前半でもみ合いとなった。だが、中盤に入ると、米債利回りの低下を受けて、売りが先行する展開となり、114.35付近まで下落した。終盤は、114円台前半~半ばでのもみ合いとなっている。
       
 ユーロ円は、121円台半ばで推移している。序盤は、121.80付近を中心にもみ合いとなっていた。中盤に入ると、ドル円から円買いとユーロドルからのユーロ買いが交錯するなか、徐々に円買いが優勢となり、121.37付近まで水準を引き下げた。その後は、121円台前半~半ばでのもみ合いとなっている。

 ユーロドルは、1.06ドル台前半で取引されている。序盤は、1.05ドル台後半で小動きとなっていたが、中盤に入り、米債利回りの低下を受けて、1.06ドル台前半に水準を引き上げた。ただ、同水準は、前日も上値を抑えられており、終盤にかけては、1.05ドル台後半~1.06ドル台前半でのもみ合いとなっている。

 日経平均は急反落。終値は前営業日比229.97円安の1万9134.70円となった。
 
 午後3時30分現在では、ドル・円は1ドル=114.57円前後、ユーロ・円は1ユーロ=121.55円近辺、ユーロ・ドルは1ユーロ=1.0609ドル前後で取引されている。

みんかぶ「KlugFX」東京

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月     
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp