FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

東京株式(大引け)=63円高、押し目買いに反発もトランプ会見前で上値に重さ

配信日時
2017年1月11日(水)15:51:00
掲載日時
2017年1月11日(水)16:01:00

 11日の東京株式市場は前日まで日経平均株価が3日続落していたことを受け、主力株中心に押し目買いが優勢となった。ただ、模様眺め感も強く上値は限られた。
  
 大引けの日経平均株価は前日比63円23銭高の1万9364円67銭と4日ぶり反発。東証1部の売買高概算は19億4433万株、売買代金概算は2兆1801億6000万円。値上がり銘柄数は996、対して値下がり銘柄数は863、変わらずは145銘柄だった。
  
 きょうの東京市場は買い優勢でスタートした後は狭いゾーンでのもみ合いとなった。前日の米国株市場では原油安を受けたエネルギー関連株の下げなどが足を引っ張り、NYダウが軟調だったが、ハイテク比率の高いナスダック指数が4日連続で史上最高値を更新するなど強調展開を続け、為替も1ドル=115円台後半を中心に円安含みで推移したことで投資家心理が改善した。現地時間11日にトランプ次期米大統領の記者会見を控え、この結果を見極めたいとの思惑もあり、上値を買う動きも限られた。日経平均は一時100円を超える上昇をみせたが、後場は一貫して上値の重い展開となった。売買代金は活況の目安とされる2兆円を上回ったが、今年に入ってからは最低水準だった。
  
 個別では、任天堂<7974>が大幅高に買われ、ソフトバンクグループ<9984>も堅調。ソニー<6758>、トヨタ自動車<7203>など主力株の上昇が目立った。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>などメガバンクもしっかり。個別材料株では、低位の日本カーボン<5302>が一時ストップ高まで買われる人気となったほか、アーク<7873>も急動意。ジェイ エフ イー ホールディングス<5411>など鉄鋼株も高い。
  
 半面、花王<4452>が冴えず、三井不動産<8801>、三菱地所<8802>など不動産株が軟調。ここ上昇していたサイバーコム<3852>やディー・エル・イー<3686>などが大きく利食われたほか、公募増資が嫌気されケンコーマヨネーズ<2915>が急落。エービーシー・マート<2670>、スタートトゥデイ<3092>などの下げも目立った。
  
出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp