FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【これからの見通し】あすのトランプ氏の会見を控えて方向性錯綜

配信日時
2017年1月10日(火)15:45:00
掲載日時
2017年1月10日(火)15:55:00

【これからの見通し】あすのトランプ氏の会見を控えて方向性錯綜

 先週末の米雇用統計では強弱が混じる内容にもかかわらずドル買い方向への流れが強まった。米金融当局者ら3名からのの年内3回利上げ支持発言などが手掛かりとなった面があったようだ。しかし、週明けは一転してドル売り方向に転じている。メイ英首相が改めてEU離脱への強硬姿勢を確認したことで、市場にはハードブレグジットへの警戒感が広がった。リスク警戒的なムードのなかでポンド円が急落し、円買いの圧力がドル円を115円台へと再び押し下げている。ポンドドルは下落したが、ユーロドルなどその他の主要通貨ではドル円に追随しながらドル安方向に傾いた。昨日の米金融当局者からは緩やかな利上げペースが支持されており、先週末の3氏からはややトーンダウンの感があった。週末を挟んでドル相場は方向性が錯綜している。

 混乱の一因としては、あすに実施されるとみられるトランプ氏の記者会見がありそうだ。ツイッターによる一方向の情報発信から、記者からの質疑を交えた双方向の会見となれば、質問に対する応答には極端な内容が見られるリスクがある。市場は神経質になっており、短期的に一方向への動きが強まる局面となっているようだ。

 きょうは、金融当局者の目立った講演などの予定はみられない。米国では米3年債入札が実施される。経済指標は、米国で卸売在庫・確報値(11月)が発表される程度。スイス失業率(12月)、カナダ住宅着工件数と住宅建設許可(12月)など注目度の低いものが多い。

みんかぶ「KlugFX」 松木秀明

過去記事カレンダー

2017年1月           
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp