FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

<今週の注目材料>「FOMC」を終え、イエレン議長など米要人の講演が目白押しに!

配信日時
2016年9月25日(日)17:00:00
掲載日時
2016年9月25日(日)17:10:00

 FOMCが終了し、ブラックアウト期間(FOMC前の金融政策に関する発言を禁止される期間)が明けたことで、今週はFRB関係者の講演予定が目白押しとなっています。

 事前見込み通りの利上げ見送りとなった先週のFOMC。
 注目されたドットチャート(FOMCメンバーによる金利見通しを分布図にしたもの)では、12月末時点での金利見通しにおいて0.50%-0.75%を見込むメンバーが17人中10人となり、12月の利上げが本線であるという状況を確認するものとなりました。
 もっとも前回はゼロであった年内据え置きを見込むメンバーが3人出てきており、先行きにやや不透明感を生じさせるものとなっています。

 どのメンバーがどのような予想をしたのかはわかりませんが、これまでの発言からブレイナードFRB理事が据え置きに回った可能性は十分にあります。
 理事はクリントン民主党大統領候補が下馬評通り大統領になった場合、財務長官の有力候補として名前が上がるほどの人物であり、今後の状況次第で、彼女に追随して年内据え置きに回るメンバーが出てくる可能性も十分にあります。

 そうした中、今週は米国の要人発言が相次ぎます。
 イエレン議長は28日水曜日に下院金融サービス委員会で議会証言を行います。主題は金融システムの監視と規制で金融政策に関するものではありませんが、質疑応答などで関連発言が出てくる可能性は十分にあります。また、議長は29日木曜日に講演を予定しています。こちらではしっかりと金融政策に関する発言が出てくると思われますので要注意です。

 その他要人については、時系列で
26日月曜日にカプラン・ダラス連銀総裁
28日水曜日にブラード・セントルイス連銀総裁(今年の議決権有)、エバンス・シカゴ連銀総裁、
メスター・クリーブランド連銀総裁(今年の議決権有)、ジョージ・カンザスシティー連銀総裁(今年の議決権有)
29日にパウエルFRB理事、カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁、、ロックハード・アトランタ連銀総裁、
ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁が講演を予定しています。
タカ派ハト派が入り混じったという状況だけに、今後の金融政策見通しについても、様々な姿勢が見られると思います。
市場はかなり神経質になっていますので、発言を受けての一気の動きには要注意です。

 なお、米国関連での注目イベントとしては
26日に第一回大統領候補テレビ討論会がニューヨーク州ヘンプステッドで行われます。

 10月4日の副大統領候補討論会を経て、10月9日に第2回テレビ討論会(セントルイス)、10月19日に第3回テレビ討論会(ラスベガス)と続く討論会では
これまでもその後の選挙結果に響く流れができたことがあります。
有名なところでは2000年のゴア民主党候補が討論会での態度がエリート的として表を落とし、本線でブッシュ共和党候補に敗れる
大きな原因となりました。

 健康状態にやや不安が残るクリントン候補が、マイナス要因をうまくトランプ氏に突かれると、現状の優位が後退する可能性があります。
この場合大きなドル売りが予想されますので要注意です。

 日本時間で翌日の午前10時が開催時刻となっており、反応は東京市場で出てきますので、気を付けたいところです。

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月8月    
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp