FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

ドル円は上値期待も米雇用統計は確認したい=NY為替

配信日時
2016年8月29日(月)23:27:00
掲載日時
2016年8月29日(月)23:37:00

 NY時間朝方の米経済指標などを通過して、ドル円は102円台前半を推移している。ロンドン時間の102.40近辺まで上昇し、その後、伸び悩む動きとなったものの102円台はしっかりと維持している。

 先週金曜日のイエレンFRB議長の講演では年内利上げの可能性は示したように思われるが、9月のヒントについては明確な言及はなかった。市場も予想通りであったであろう。しかし、その後、フィッシャーFRB副議長の発言が流れ、「8月雇用統計はFOMCの決定に影響。イエレン議長の発言は9月利上げの可能性と整合」と述べたことをきっかけにドル買いが加速している。

 その他、黒田日銀総裁がジャクソンホールでの会合で追加緩和に前向きな発言をしていたことや、東京株式市場で日経平均が大幅高になっていたこともあり、ドル円は買い戻しの動きが優勢となっている。

 市場も9月利上げを意識せざるを得ない状況ではあるが、フィッシャーFRB副議長も指摘している通り、今週末の米雇用統計を確認したいムードも強まっている。

 今年の5月にも似たような状況があったが、そのときは米雇用統計が予想外に弱かったことや、英国民投票も控えていたことから、利上げ期待は急速に後退していた。その意味でも今週末の8月分の米雇用統計は確認したいところではある。

みんかぶ「KlugFX」 野沢卓美

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月 
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ