FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

[FISCO]日経平均は続伸、一時マイナスに転じるも持ち直し3ケタの上昇

配信日時
2016年3月28日(月)15:43:19
掲載日時
2016年3月28日(月)15:53:19

日経平均は続伸。25日は海外市場の多くがグッドフライデー(聖金曜日)の祝日で休場だった。ただ、米10-12月期国内総生産(GDP)確報値が上方修正され、為替相場も円安方向に振れたことから、日経平均は126円高でスタートした。海外勢の資金フローは乏しかったものの、3月末の権利付き最終売買日で配当や株主優待の権利取りの動きが見られ、前場は17100円台で堅調に推移した。後場に入ると先物に断続的な売りが入り、一時17000円を割り込む場面があったものの、大引けにかけて始値水準まで値を戻した。

大引けの日経平均は前日比131.62円高の17134.37円となった。東証1部の売買高は18億4515万株、売買代金は1兆9283億円だった。業種別では、海運業、倉庫・運輸関連業、鉄鋼、医薬品、陸運業が上昇率上位だった。一方、下落したのは鉱業のみだった。

個別では、トヨタ自、みずほ、三菱UFJ、三井住友、ソニーなど売買代金上位は全般堅調。KDDI、NTTドコモといった通信大手が2%超上昇したほか、一部証券会社が目標株価を引き上げた小野薬は3%超の上昇。高島屋やJフロントなど百貨店株の上げも目立った。また、創薬共同研究開発契約を締結したと発表したPDが商いを伴って急伸し、ノーリツ鋼機、サイバリンクスなどとともに東証1部上昇率上位となった。一方、売買代金上位ではソフトバンクグ、ファーストリテ、横浜銀が軟調。また、イーブック、Jマテリアル、東芝プラなどが東証1部下落率上位となった。

<HK>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2016年1月2月3月4月5月6月7月     
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp