FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

[FISCO]国内株式市場見通し:配当落ち、米雇用統計前に超えておきたいハードル

配信日時
2016年3月26日(土)16:40:04
掲載日時
2016年3月26日(土)16:50:04


先週の日経平均は上昇。祝日明けは米株高のほか原油相場の上昇が好感され、300円を超える上昇で17000円を回復した。しかし、その後はベルギーのブリュッセルで発生した連続テロ事件を受けた地政学リスクの高まりが警戒されたほか、週末には海外市場の祝日等も控えていたこともあり、17000円を挟んでのこう着相場が続いた。

日経平均の価格帯別出来高では、16900-17100円辺りで商いが膨れており、同水準での攻防が続いている。今週は配当落ちが日経平均で130円程度あるとみられている。この落ち分の再投資といった需給要因もあるが、まずは配当落ちの前段階で16900-17100円水準を突破しておきたいところ。

米国では雇用統計の発表が控えていることもあり、ADP雇用報告で強い結果ともなれば、利上げ観測にもつながるため、これによる為替変動が意識されてくる。また、名実ともに新年度相場入りとなり、先高期待が高まる可能性もある。そのためにも、上値抵抗水準は先にクリアしておきたいところであろう。

25日には米10-12月期の国内総生産(GDP)確報値が発表される。グッドフライデーで市場の反応は週明けになるが、米企業全体のバランスシートがいかに健全かが注目されるところ。企業利益が減少となれば、利上げに対する見通しが後退する可能性があり、これが円高といった形で波乱要因につながりそうである。

もっとも、米雇用統計等を控え、主力処への物色が手控えられるようだと、個人主体による資金は中小型株にシフトしやすいだろう。目新しい材料はないものの、成長が期待されるフィンテックやAI、AR/VR、ロボット、自動運転、ドローンなどの循環が続きそうである。



<NO>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2016年1月2月3月4月5月6月      
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp