FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

NY原油概況 イランが生産維持に支持表明し30ドル台回復

配信日時
2016年2月18日(木)05:35:00
掲載日時
2016年2月18日(木)05:45:00

【イランが生産維持に支持表明し30ドル台回復】

NY原油先物3月限(WTI)(終値)
1バレル=30.66(+1.62 +5.58%)
ブレント先物4 月限(ICE)(終値)
1バレル=34.50(+2.32 +7.21%)
ブレント-WTI(4月限)1.52(前日1.21)

きょうのNY原油先物相場は大幅反発し、3月限は30ドル台を回復した。

前日のサウジとロシアが合意した生産維持の提案について、イランやイラクなどが協議を行っていた。イランは難色を示しているとも見られていたが、イランのザンギャネ石油相は生産量維持に支持を表明したことで原油は買戻しが強まっている。

ただ、あくまで生産維持で、協調減産にはまだハードルが高そうだ。イラン石油相も減産には言明していない。ただ、まずは一歩踏み出したといったところのようだ。過剰供給はもちろんだが、需要自体の減少もあり、このまま原油がリバウンドの流れに入るかは未知数。

3月限は一時31ドル台に上昇するなど買い戻しが強まっている。

(Klugシニアアナリスト 野沢卓美)

過去記事カレンダー

2016年1月2月3月4月5月6月7月     
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp