FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

ロンドン為替概況 円相場は乱高下 一時111円割れ

配信日時
2016年2月11日(木)21:50:00
掲載日時
2016年2月11日(木)22:00:00

11日のロンドン市場は円高が急速に進んだ。ドル円は東京市場が休みのアジア時間に112円台半ばまで下落していたが、ロンドン市場に入って110.99近辺と2014年10月以来の安値まで下押しした。アジア早朝の113.60近辺から3円近くの下落になった。日銀が同月末に決定した追加緩和前のレベル、110円割れが視野に入る。
ドル円の下落とともにクロス円も値を崩し、ユーロ円は2013年6月以来の126円割れ、ポンド円は2013年11月以来の160円割れ、豪ドル円は2012年6月以来の78円割れとなった。リスクオフ時に買われやすいスイスフランに対しても円高が進み、円全面高の展開。東京勢がいない中でヘッジファンドが円買いを仕掛けたとの話も出ている。

ドル円は安値を付けた後、111円台で方向性なく推移していたが、一時113円台前半まで急速に戻す場面があった。その他通貨や他の金融市場で目立った値動きがみられなかったため、ドル円単体に動きが入ったようだ。日銀介入のうわさも出ているが、今月後半にG20を控えており、うわさの範疇は出ない。

昨日注目されたイエレンFRB議長の議会証言では、海外動向を背景に米景気リスクが指摘され、ダウ平均は終盤に入って下落し、本日のアジア株は下落、欧州株に至っては主要指数が3%超の下落率になった。米債には買いが入り債券利回りは低下、全般的なリスクオフの流れ。原油先物の軟調地合いも投資家心理を冷やした。
リスク回避姿勢からユーロドルは堅調に推移した。スウェーデン中銀は理事会で、政策金利を引き下げたが、予想以上の引き下げ幅だったためユーロ買い/クローナ売りが入り、ユーロドルを支えた面もある。

過去記事カレンダー

2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月   
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp