FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

NY為替概況 イエレン証言通過しドル円が113円台前半まで急落

配信日時
2016年2月11日(木)06:43:00
掲載日時
2016年2月11日(木)06:53:00

【イエレン証言通過しドル円が113円台前半まで急落】

きょうのNY市場で、ドル円は売りが強まり、2014年11月以来の113円台前半まで急落している。

この日はイエレンFRB議長の米下院での議会証言に注目が集中していたが、議長は「市場では景気後退リスクの不安が広がっている。金融の状況が成長を支える度合いが低下」と指摘していた。また、「FRBが12月に開始した金融引き締めサイクルを覆す必要が出てくる公算は小さい。利下げが必要になるとは考えていない」などとも述べ、利上げの旗は降ろしていないようだ。

予想の範囲とは思われるが、利上げ姿勢を堅持したことや、景気後退リスクを指摘していたことに敏感に反応たのかもしれない。

少し驚きだったのが、中国に対して言及していたことで、「中国の経済見通しや為替政策をめぐる不透明感により世界の成長に対する懸念が増幅され、原油など商品の直近の価格下落につながった」と指摘していた。

利上げの道筋に慎重姿勢は見せたものの、リスクムードは高めたとも言え、為替市場ではドル売り・円高の反応が強まっている。

このところのドル円の急落は過熱ぎみとも思われるが、昨年からサポートされてきた115円を下放れた感も出ており、ロング勢も見切り売りを余儀なくされたものと思われる。

110円を視野に入れる動きとも思われ、明日以降の動きが注目される。一部では日本政府の介入を警戒する声もあるようだ。現水準での介入は海外の目を考えてもあまりスマートとは言い難いが、最近は何をするかわからないので留意は必要と思われる。

一方、ユーロドルは1.1160近辺まで戻り売りに押されていたものの、イエレン証言をきっかけに序盤の下げを切り返しており良い調整となったようだ。1.15をターゲットに入れる動きが続いている。

(Klugシニアアナリスト 野沢卓美)

過去記事カレンダー

2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp