FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

日本株 概況 大幅続落、原油安再燃で世界同時株安

配信日時
2016年2月3日(水)15:39:00
掲載日時
2016年2月3日(水)15:49:00

東京時間15:23現在
TOPIX    1406.27(-45.77 -3.15%)
日経平均  17191.25(-559.43 -3.15%)
東証マザーズ    848.48(-17.31 -2.00%)
ジャスダック    109.53(-1.66 -1.49%)
東証REIT指数    1836.39(+19.05 +1.05%)

3日の東京株式市場、日経平均は559.43円安の17191.25円で取引を終了。前日の海外市場で原油安が進行し、米欧株など世界的に株式市場が下落したことを受けた動き。NY原油先物は時間外取引で一時29ドル台前半まで下落。ドル円相場が119円台後半へと下落しており、日銀マイナス金利導入を受けた円安効果が剥落したことも悪材料。東証1部の騰落銘柄数は、値上がり164、値下がり1735、変わらず36、売買代金は3兆1396億円、出来高は31億382万株。商いを伴った大幅安となった。業種別では、全33業種中で石油・石炭製品の1業種だけが上昇した。売買代金上位銘柄は、トヨタを筆頭にメガバンク、ソフトバンク、ソニー、ファーストリテイリング、がナック、野村、カシオ計算機などが下落した。野村ホールディングスは10-12月期純利益の下振れで10.27%安の大幅下落。一方、日本電信電話とNTTドコモは上昇した。NTTデータが好決算を受けて5.2%高となったことが好感されたもよう。

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月      
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ