FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【これからの見通し】原油にらみでリスク回避ムード、通貨高への警戒感も

配信日時
2016年2月3日(水)15:26:00
掲載日時
2016年2月3日(水)15:36:00

【これからの見通し】原油にらみでリスク回避ムード、通貨高への警戒感も

昨日から原油安が再び進行しており、リスク回避ムードが再燃している。世界的に株式市場が下落しており、円高・ユーロ高と資源国通貨安のパターンが再来している。ドル円は日銀のマイナス金利導入で121円台後半まで持ち上げられたが、きょうは119円台半ばまで反落しており、119円割れとなると日銀効果が帳消しとなる。豪ドル円やカナダ円はすでに日銀決定後の円安を戻している。きょうは毎週発表される米在庫統計にいつも以上に関心が注がれそうだ。ロンドンタイムには、欧州各国の非製造業PMIやユーロ圏小売売上高が発表される。欧州の消費動向を占う恰好の指標となろう。続くNYタイムには、米ADP雇用統計、ISM非製造業景況指数などの指標が発表される。米雇用統計の前哨戦として注目されよう。直近のFOMCでは3月の利上げに含みを持たせた形だったが、市場では今年の利上げは1~2回程度との見方に後退しており、雇用の改善ペースはそのセンチメントに大きく影響しそうだ。また、日銀のマイナス金利導入で各国に通貨安競争を意識させた面があり、自国通貨高への警戒発言などにも注意したい。内需が弱ければ、輸出増が手っ取り早い景気回復手段。自国通貨高はその障害となる。

(Klugシニアアナリスト 松木秀明)

過去記事カレンダー

2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月  
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp