FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【これからの見通し】マイナス金利受けた円安、継続性はどうか

配信日時
2016年2月1日(月)15:26:00
掲載日時
2016年2月1日(月)15:36:00

【これからの見通し】マイナス金利受けた円安、継続性はどうか

先週の日銀決定会合では、予想外のマイナス金利導入で円安が進行した。週明けはその継続性が試される相場となりそうだ。日本株は大幅高となっているが、中国製造業PMIが伸び悩んだことで上海株や香港株などアジア株には軟調な動きがみられている。この後の欧州市場では日銀に先手を打たれたことで、ECBの3月追加緩和が必至との見方が広がる可能性がある。追加緩和を行わないリスクが意識されることも考えられる。ユーロ相場には催促売りの圧力がみられそうだ。ロンドンタイムには、スイスの購買部担当者景況指数、ドイツとユーロ圏の製造業PMI確報値、英国のCIPS製造業PMIが発表される。続くNYタイムには、個人所得と個人支出、PCEコアデフレータ、ISM製造業景況指数、建設支出など米経済指標が相次いで発表される。フィッシャーFRB副議長の講演、米大統領選のアイオワ州党員集会などのイベントも予定されている。市場の関心は欧州や米国にも注がれる見込みで、日銀のサプライズを受けた円相場の継続性はどうか。水準的には122円台に乗せられるかどうかが当面のポイントとなろう。

(Klugシニアアナリスト 松木秀明)

過去記事カレンダー

2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月   
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp