FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

NY為替概況 日銀のマイナス金利導入の余波続く ドル円は121円台維持

配信日時
2016年1月30日(土)06:48:00
掲載日時
2016年1月30日(土)06:58:00

【日銀のマイナス金利導入の余波続く ドル円は121円台維持】

きょうのNY市場はドル買いが優勢となった。日銀が突如マイナス金利を打ち出し、きょうの市場には黒田ショックの激震が流れた。

今週のFOMC声明でも世界経済への警戒感を示すなど、各国中銀が、このところの市場の混乱に配慮した動きを見せてきていることから、リスク回避の雰囲気が後退している。このところ、リスク回避一服は為替市場ではドル買いの反応を示すことが多く、きょうはその流れとなったようだ。きょうは月末の取引でもあり、ドル買いのフローが大量に出たとの観測も聞かれる。

ただ、この日発表の10~12月期米GDP速報値は前期比年率で+0.7%と前回から大きく減速。今週のFOMC声明で指摘されていた通りとなっており、きょうのGDPは少なくとも3月利上げは見送りとの観測を裏付ける内容ではある。

ドル円は黒田ショックで121円台まで急伸していたが、NY時間も121円台を維持している。200日線が121.50付近に来ており、さすがに敬意を払ったようだが、強い動きが出ている。

市場の一部からは125円や130円といった声が早速出始めていたが、継続性には疑問も多い。本丸はあくまで中国経済であり、日米欧の中銀が動いても、肝心の中国が不透明感の払拭に動かないようであれば、根本的な解決とはならない。

先週末のIMM投機筋の建玉レポートでは、円の買い越しが3万7653枚と2012年2月以来の高水準となっていたが、きょうに限って言えば、急激な動きに、さすがに円ロング勢も敗戦処理を迫られたのかもしれない。他のクロス円も上昇の流れを維持している。

ユーロドルはNY時間に入って売りが強まり、1.09台前半から100ポイント急速に下落。今回の日銀の行動が、ECBを刺激するとの見方も出ており、追加緩和が期待されている3月の理事会に関して、市場は期待からより確信に近づけているようだ。

ただ、ユーロドルは強いサポートとして意識される1.0800の水準は堅持しており、この水準をブレイクしてくるか注目される。

(Klugシニアアナリスト 野沢卓美)

過去記事カレンダー

2016年1月2月3月4月5月6月7月8月    
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp