FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

日本株 前場概況 日経平均続落、序盤の上げを維持できず

配信日時
2016年1月29日(金)11:56:00
掲載日時
2016年1月29日(金)12:06:00

東京時間11:56現在
TOPIX    1389.60(-2.50 -0.18%)
日経平均  16953.09(-88.36 -0.52%)
東証マザーズ    808.70(-15.15 -1.84%)
ジャスダック    107.36(-1.03 -0.95%)
東証REIT指数    1682.07(-4.46 -0.26%)

29日の東京株式市場、日経平均は88.36円安の16953.09円で午前の取引を終えた。序盤は前日の米株高、原油相場の上昇を受けて堅調にスタート。日経平均は113.61円高の17155.06円で寄り付いた。しかし、値がさ株として知られるファナックが売り気配でスタート、12%安で寄り付く動きに日経平均は押し下げられる。日銀決定会合を控えて取引手控え感が広がり、甘利大臣辞任、北朝鮮ミサイル発射懸念などネガティブな報道もあった。日経平均は下げに転じると一時100円超安、1万7千円割れとなった。ドル円の119円台が重く、118.50台まで反落したことも重し。一方、上海株は大幅高となっており、全体のリスク警戒感は後退している。TOPIXは前日比ほぼ横ばいとなっており、一部値がさ株が日経平均を押し下げた格好だった。東証1部の騰落銘柄数は、値上がり927、値下がり859、変わらず142と買いが優勢。出来高は10億5960万株、売買代金は1兆1407億円。売買代金上位銘柄は上昇が多かったが、トップのファナックが11.3%安、6位のソフトバンクが0.45%安、7位のキーエンスが6.9%安など値がさ株の大幅安が目立った。ファナックはアップル向け製品の業績低下見通しが嫌気された。

過去記事カレンダー

2016年1月2月3月4月5月6月7月8月    
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp