FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

NY市場 ポンドは弱い地合いが続く EU離脱ならスコットランド独立の可能性再燃も

配信日時
2016年1月28日(木)01:05:00
掲載日時
2016年1月28日(木)01:15:00

【ポンドは弱い地合いが続く EU離脱ならスコットランド独立の可能性再燃も】

ポンドは先ほどから売りが強まっている。特にポンド売りを誘発する材料は見当たらないが、弱い地合いが続いている証拠とも言えよう。ポンドドルは1.43を割り込むと、フリーホールの如く1.42台前半まで一気に下落。ポンド円も本日高値の170円付近から168円台半ばまで下落。

EU離脱の国民投票がポンドの重しの一つとなっているが、金曜日にキャメロン英首相とユンケル欧州委員長とのEU改革案についての会談が予定されている。来月のEU首脳会談に向けた動きと思われる。

最新の世論調査ではEU離脱に賛成と反対が拮抗しているようだが、スコットランド国民党の元党首ゴードン氏によると、英国民がEU離脱を選択した場合、スコットランド独立の2回目の住民投票についても、再度、机上にのぼる可能性を指摘していた。

早ければ6月とも言われてる国民投票の行方が定まらないまではポンドは下値模索を続ける可能性もありそうだ。

明日は第4四半期の英GDP速報値が予定されているが、前期比0.5%増が予想されており、こちらは底堅いファンダメンタルズを示しそうだ。

GBP/USD 1.4250 GBP/JPY 169.14 EUR/GBP 0.7628

過去記事カレンダー

2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp