FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

ロンドン為替概況 ドル円一時1年ぶりの115円台、リスク回避ムード払拭できず

配信日時
2016年1月20日(水)21:15:00
掲載日時
2016年1月20日(水)21:25:00

ロンドン為替概況 ドル円一時1年ぶりの115円台、リスク回避ムード払拭できず

20日のロンドン市場は、欧州株が大幅安となりリスク回避ムードが払拭できない状況。ドル円は一時115.98レベルまで下落。昨年1月16日以来、約1年ぶりの115円台での取引となった。その後は116円台へと戻している。「政府関係者 為替市場の動向を注視している、1ドル=115円突入で」との報道で一気に116.96レベルまで反発する場面もあり、115円台の円高進行に市場参加者は神経を尖らせていることがうかがえた。その後は117円台には乗せ切れず、再び116円台半ばで取引されている。欧州株は独DAX指数が3%超安となるなど全面安。NY原油先物は27ドル台と安値圏で底ばい。反転の兆しはみられていない。

ユーロドルは上に往って来い。ユーロはリスク回避局面で円の次に買われやすいが、買いは長続きしなかった。序盤に1.0975近辺まで上昇したが、欧州株の大幅安でユーロ円が128円近辺から127円台前半に押し下げられる動きにつれて、1.09ちょうど近辺まで反落した。

ポンドドルは一時1.4125レベルまで下落、約6年半ぶりの安値水準となった。その後は英9-11月期のILO失業率が5.1%に低下、12月失業申請件数が予想外の減少となる好結果を受けて反発したが、1.42台には届かず。ポンド円は一時164円割れから165円台半ばまで反発も、その後は165円ちょうど近辺で揉み合っている。

原油相場の底入れが見えない状況で、資源国通貨も売り圧力にさらされている。豪ドル円は一時79円台前半、カナダ円は79円割れ水準まで下落した。ドル円が116円台半ばで値動きが落ち着いたことを受けてクロス円の下落も小休止している。ただ、原油相場や株式市場の反発力が弱い状況で、リスク回避の流れに変化はみられていない。

過去記事カレンダー

2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月   
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp