FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

ロンドン為替概況 株安で円とユーロ買われる

配信日時
2016年1月14日(木)21:47:00
掲載日時
2016年1月14日(木)21:57:00

14日のロンドン市場は欧州株の下落とともに円とユーロが買われた。本日はインドネシアの首都、ジャカルタ中心部でイスラム過激派によるテロ事件が発生、また、人民元が下落しており、投資家心理を悪化させている。排ガス規制問題に関して仏ルノーに家宅捜索が入ったとの報道があり、同社株は一時20%超の急落で欧州株価指数全体を押し下げた面もある。

ドル円は朝方は買いが先行した。下落して始まった上海株がプラスに切り返し本日高値圏で終えたことから、ドル円は118.18近辺まで上昇した。その後は欧州株式市場でドイツ株が3%超安になるなど株価が崩れる中、ドル円を押し下げている。朝方に上昇に転じていた米債利回りは再び低下している。
欧州株安とともにユーロ買いが入り、対円は今週の高値更新、対スイスでは昨年9月25日以来、対ポンドでは約1年ぶりの高値を付けた。

ポンドは英中銀金融政策委員会の結果発表を前に全面安だったが、政策据え置きなどの結果が公表されると買戻しが入った。
金利据え置きはマカファティー委員の利上げ主張を除いた全員が賛成、資産購入枠維持は全員一致だった。投票数は昨年9月の会合以降変わらず。議事録では、先行き見通しは昨年11月のインフレリポート時と変わらなかった。特にサプライズはなく、売っていた向きのポンド買戻しといったところ。上値は限定されている。

過去記事カレンダー

2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp