FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

東京市場概況 中国ショックで円高に

配信日時
2016年1月7日(木)14:41:00
掲載日時
2016年1月7日(木)14:51:00

中国人民銀行は7日人民元の対ドル基準値を前日比+0.0119の6.5646と大きく元安に設定した。これにより中国株安の動きが強まるとの思惑が広がり、上海総合指数が大幅安に。1.55%安の寄り付きから30分ほどで15分の取引停止処置がとられる(サーキットブレーカー)5%長まで売りこまれる展開となった。これを受けて日経平均や米株先物なども大きく値を崩すなど、リスク警戒感が一気に広がる展開に。為替市場ではドル円が118円70銭台から1円超円高の117円67銭近辺まで売り込まれるなど、円買いが広がる展開となった。また、対中輸出の経済に占める割合が大きい豪ドルやNZドルへのうりも目立ち、豪ドル円約1円半の下落。豪ドルは対ドルでも約50ポイント値を落とすなど、売りが目立つ展開となっている。
上海株式市場が15分後に再開してすぐ一日の取引が停止される7%超まで値を落とし、悪材料が一服したことで、その後は少し買い戻しが入ったが、警戒感が残るだけに、戻りが鈍い展開となった。
ドル円は118円20銭台まで値を戻したものの、後場に入って日経平均が400円超の下げを記録するなど一段安となる局面で再びの117円台をつけるなど、頭の重い展開が続いた。
(Klugチーフストラテジスト山岡和雅)

過去記事カレンダー

2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp