FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

NY市場 ユーロドルは1.12台回復もここからが上値重い

配信日時
2015年10月2日(金)00:30:00
掲載日時
2015年10月2日(金)00:40:00

【ユーロドルは1.12台回復もここからが上値重い】

ユーロドルはNY時間に入って買戻しが強まっており、1.1200付近まで戻している。先ほど発表のISM指数が製造業の脆弱さを裏付ける内容だったことから米利上げ期待が後退している。また、中国経済が理由となっていることもリスク回避の雰囲気を高めている。

ただ、ユーロドルはここからが上値が重い。1.12から1.13にかけての売り圧力も強いようだ。直近の為替市場はリスク回避・ユーロ買いの方程式を作っているようだが、中国経済を始めとした新興国経済の悪化はドイツを始めとした欧州のほうが米国よりも悪影響が大きいように思われる。

先行き不透明感が強まったとしても、FRBは利上げを開始するか否かで、緩和再開という選択肢はない。一方でECBは2016年9月としている資産購入プログラムの期限延長が年内には発表されるとの期待感がここにきて高まっている。

金融政策の格差拡大を考慮すれば、自ずとユーロの上値にも限界がある。

きょうの動きで200日線が維持された格好となっているが、1.12台前半には10日線や21日線がきており、抵抗感もあるものと思われる。

EUR/USD 1.1197

過去記事カレンダー

2018年1月2月          
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ