FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

東京為替概況 ユーロ主導で円買い・ドル買い圧力

配信日時
2011年12月6日(火)14:44:00
掲載日時
2011年12月6日(火)14:54:00

6日の東京市場は、ユーロ主導で円買い・ドル買い圧力がみられた。

5日のNY市場で、米格付け会社S&Pがユーロ圏15カ国(ギリシャ、キプロス除く)の格付け見通しをネガティブ、としたことで欧州の格下げ懸念が広がった。仏独首脳会談では財政統合を進める方向で合意されたが、ユーロ圏共同債について肯定的な発言はなく、即効性のある対応には疑問が残る結果だった。ユーロが売られ、ユーロドルは1.34台半ばから1.34割れまで下落した。

きょうの東京市場ではユーロドル1.34近辺、ユーロ円104円台前半での比較的静かな取引から始まったが、仲値過ぎからは再び売り圧力が強まり前日安値を下回った。ユーロドルは1.3360近辺、ユーロ円は103.90近辺まで下落した。ポンドもつれ安で、ポンドドルは1.56台前半、ポンド円は121円台半ばへとじり安の展開。朝方発表された11月の英BRC小売調査では、既存店売上げが前年比1.6%低下と5月以来最大の減少だった。5%台のインフレ率や比較的暖かい気候が消費者にクリスマス気分を盛り上げさせない理由とされている。また、午後に豪中銀政策金利発表を控えた豪ドルもリスク回避ムードのなかで軟調。豪ドル/ドルや豪ドル円は前日安値を割り込む動き。第3四半期の豪政府支出が予想以上に減少したことが利下げ見通しを広げた面も指摘されていた。アジア株も小安く推移している。アジア開銀は中国などアジア新興国の成長見通しの引き下げを発表。日経平均は次第に値を下げ、後場には100円超下落して8600円割れとなった。そのなかで、ドル円は77円台後半でのもみ合いが続いている。

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp