FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

秋の高温乾燥で気を付けたい河川の水位低下

 米コーンベルトでは9月後半に高温乾燥が続きました。この間は五大湖やオハイオバレーの上空に高気圧が広がったことが高温乾燥の原因となりましたが、その影響で最高気温が32℃以上に達し、平年を大幅に上回る暑さが続きました。

 Accuweatherによると、9月後半に入ってからも32℃を超える高温に見舞われるのは100年ぶりの地域もあるなど、米国コーンベルトは異例の暑さに見舞われています。
 
 この暑さは現在、成熟期、収穫期を迎えているコーン、大豆にとっては適した天候となっています。特に大豆に関しては、乾燥が進まないと収穫が開始できないため、高温が広がることで乾燥が進むことは収穫ペースの上昇が見込まれることを意味します。

 高温乾燥が8月初旬に広がっていたならば大豆のイールド低下懸念が強まっていたと考えられます。しかし既に結実を終えて成熟期を迎えるなかで高温が広がったことで、穀物の生育にとっては好ましい天候が広がっていると言えるでしょう。

 とはいえ、高温乾燥が長引くようであれば様々な影響が出てくるのも事実です。その一つとして挙げられるのが、米国コーンベルト周辺の河の水位の低下でしょう。

 米国コーンベルトからは通常、バージと呼ばれる艀(はしけ)で船団を組んで輸送されます。このバージには一隻で約1500トンの積載量があります。

 このバージを使っての穀物輸送はイリノイ河、ミズーリ河、オハイオ河、ミシシッピ河が主流となりますが、これらの河の水位が低下していることを受けてバージを用いての運送コストが上昇しているのです。

 米農務省(USDA)によると、1976年を100とした指数を用いた場合、9月26日時点のミシシッピ河中流域からの運送コストは前週となる9月19日時点の433から575へ、そしてイリノイ河下流域の運送コストは9月19日時点の435から613へ、オハイオ河下流域では同様に439から625と大幅に上昇しました。

 ちなみに、1か月前となる8月29日時点のインデックスがどの程度だったかというと、ミシシッピ河中流域が335、イリノイ河下流域が335、オハイオ河下流域が298となっていました。

 なお、この3地点とも9月12日までは同水準での推移が続いていました。つまり、これらの地域からの運送コストは9月後半にかけて急激に上昇したのです。

 この急激な船舶での運送コストの上昇によって穀物輸送ペースが鈍ると同時に、収穫が進展していることを受けて米国中西部では荷余り感が日増しに強まっています。

 荷余り感の強まりによる現物価格への影響も見られています。現地10日3日の現物市場では、荷圧迫感からイリノイ州ディケーターでは現物の引き合い価格が1Buあたり3セント引き下げられました。

 ただ、その一方でイリノイ州サヴァンナでは1Buあたり2セントの引き上げられており、一概に価格が下落しているわけではありません。
 
 その背景にあるのは需要の強さであり、需要が強い地域では現物価格もサポートされる一方、荷余り感の強い地域では価格が抑制される動きが見られているのです。

 とはいえ、9月30日時点のコーンベルトでの収穫進捗率はコーンが17%、大豆が22%に達した程度で、コーン、大豆は共にこれから供給量が大幅に拡大することが見込まれます。

 そのため、今後も河の水位が上昇しないようであれば、産地での荷圧迫感はますます強まることになりそうで、これが穀物の価格圧迫要因になってくるでしょう。

 しかしながら、それは同時に輸入国側にとっては米国からの十分な供給を期待し辛くなる可能性が高まることを意味します。

 つまり、米国ではコーンベルトでは荷圧迫感が強い一方で、輸出港まで到達する穀物の量が制限される結果、輸出用としての供給が限定される可能性が出てくると考えられるのです。

 また、運送コストの上昇は輸出コストの上昇にもつながるため、河川の水位の状況次第では現物価格の上昇が促され、これがシカゴ市場での価格を押し上げる一因になってくる可能性も出てきていると考えられます。

 なお、コーンベルトでは10月前半に再び気温が上昇することが見込まれています。高温の継続は穀物の生育にとっては好ましく、これがイールドの上昇や収穫の進行を促すというシカゴ市場の価格にとってはネガティブな影響を与える一方、運送面でコストの上昇や運送量の減少に伴う輸出量の制限といった強気になり得る要因を生みだしている点に注意が必要でしょう。

【ご注意】本ブログに掲載されている情報の著作権は株式会社日本先物情報ネットワークに帰属し、本ブログに記載されている情報を株式会社日本先物情報ネットワークの許可無しに転用、複製、複写することはできません。

平山順(ひらやま・じゅん)氏

中央大学法学部卒、英国留学後
(株)日本先物情報ネットワークに入社。現在主任研究員。
商品全般に通じ特に穀物市場を得意とし、テクニカル分析には定評がある。
1999年にシリーズ3(米国先物オプション外務員資格)に合格。

株式会社日本先物情報ネットワーク

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp