FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

Klug Prestige

グライド基金による第19回ウォーレン・バフェット氏との昼食会参加権イーベイ・オークションは5月27日~6月1日に開催

サンフランシスコ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- グライド基金は、第19回ウォーレン・バフェット氏とのチャリティ昼食会参加権イーベイ・オークションを開催することを発表します。イーベイ・フォア・チャリティを通じて、今年のオークションは5月27日(日)米国太平洋時間午後7時30分から6月1日(金)午後7時30分まで開催されます。入札開始価格は2万5000ドルで、入札参加者は全員、入札を行う前に事前にeBay.com/GLIDEで資格を取得しなければなりません。落札者は、最大7人を同伴してニューヨーク市のステーキハウスのスミス・アンド・ウォレンスキーでバフェット氏と食事を共にすることができます。



50年以上にわたり、グライド基金は貧困者や社会から取り残された人々、病気、ホームレス、飢え、差別、排除に苦しむ人々など、社会の最も弱い立場に置かれた人々を支援してきました。グライド基金は、温かい食事、医療や住む家、育児サービスや家族支援サービス、後ろ盾となる人を必要としているすべての人々のための場所です。グライド基金は、年間およそ75万食の無料の食事を提供しています。

ウォーレン・バフェット氏は、次のように述べています。「グライド基金は、どん底にある人々に救いの手を差し伸べ、生活を立て直すための支援をしています。グライド基金は、数十年にわたってこうした活動を行っています。グライド基金のために資金を集めることでその活動に協力できるのであれば、喜んで参加します。」

グライド基金の共同創立者であるセシル・ウィリアムズ牧師は、次のように述べています。「何千人もの人々に私たちのプログラムや支援を届けることを可能にしてくれるウォーレン・バフェット氏とイーベイに感謝いたします。」

グライド基金の理事長兼最高経営責任者(CEO)のカレン・ハンラハンは、次のように述べています。「ウォーレン・バフェット氏の寛大な好意は、多くを奪われた人々が人生を変えるための直接的な支援となります。これによりグライド基金は、サンフランシスコはもちろん、他の地域においても、人種的および経済的な平等を推進することが可能となっています。」

イーベイの社長兼最高経営責任者(CEO)のデビン・ウェニグは、次のように述べています。「イーベイは、この著名なオークションでグライド基金と引き続き協力し、貧困にあえぐ人々の苦しみを和らげるという基金の使命に貢献できることを誇りに思います。イーベイのコミュニティーは、2020年までに10億ドルのチャリティー資金を集めるという目標の達成に向けて、ゆるぎない努力を注いでいます。」

過去18年間の落札価格は2万5000ドル(イーベイの協力を受ける前)から345万6789ドルであり、落札金はグライド基金のプログラムの支援に直接使用されます。当オークションのイーベイでの開催は、今回が連続16年目です。

詳細については、電話(415-674-6060)または電子メール(Buffett@GLIDE.org)でグライド基金にお問い合わせいただくか、eBay.com/GLIDEをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

for GLIDE
Denise Lamott, 415-381-8793
Denise@DeniseLamottPR.com
or
Kari Ramirez, 408-219-5120
Press@ebay.com

<提供:ビジネスワイヤ>

Businesswireとは

ニュースリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダー。
対象は185カ国50言語に渡り、包括的な配信からターゲット配信まで、多様なニーズに応じます。
ビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。
ビジネスワイヤ http://media.businesswire.jp/

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ