FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

Klug Prestige

アスペンREITが新規株式公開を申請、NYSEアメリカン証券取引所への上場を計画

JOBS法レギュレーションA+により3350万ドルの調達を目指す

株式公開により個人投資家が著名なセントレジス・アスペンリゾートの持分を取得することが可能に

ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 単一資産に投資する不動産投資信託(以下「REIT」)として新たに設立されたアスペンREIT(以下「当社」)は本日、およそ3350万ドルの調達を目的にレギュレーションA+による新規株式公開(以下「IPO」)を申請するためのフォーム1-Aを米証券取引委員会(以下「SEC」)に提出したことを発表しました。当社は、IPOによる手取金の大半を当社子会社の運営パートナーシップの資本と合わせて、セントレジス・アスペンリゾートの100%の間接的持分の取得にあてる予定です。



本IPOは、あらゆる投資家にコロラド州アスペンの名高いホテルであるセントレジス・アスペンリゾート(以下「当該物件」)に投資する機会を提供します。当社は、1株当たり20.00ドルで167万5000株の発行を予定しており、ティッカー・シンボルを「AJAX」として普通株式のNYSEアメリカン証券取引所への上場を申請する考えです。

セントレジス・アスペンリゾートはアスペンの山麓の壮大な景観を望む179室のフルサービスの高級ホテルであり、高級レストラン、専用スパ、総面積2万9000平方フィートの屋内および屋外会議場・宴会場、温水屋外プールを備えています。世界最大のホテル企業であるマリオット・インターナショナルの子会社が運営する当該物件は、ロケーション、充実した設備、さらに世界レベルのスキー大会、文化イベント、スポーツイベントをはじめとして年間を通して楽しめるさまざまなアクティビティーが評価され、家族連れ、著名人、企業の経営幹部など、幅広いお客さまの間で常に高い人気を誇っています。

当社の経営は、不動産およびホスピタリティ資産への投資で豊富な経験を有する最高経営責任者兼社長で取締役のステファン・ドベイツが統括します。ドベイツは、およそ20年にわたって資産運用、金融ストラクチャリング、買収・合併に従事してきました。コーポレート・ファイナンスの経験が豊富なマイケル・ワースがアスペンREITの最高財務責任者を務めます。金融サービス業界および不動産業界における30年を超えるキャリアを通じて、ワースは新たに設立された企業やスタートアップ企業のIPOを手掛けてきました。ドベイツとワースは、セントレジス・アスペンリゾートの業績、さらに当該物件の長期的な価値、クオリティ、魅力を強化する機会を十分に把握しています。ドベイツは、当該物件の現在の所有者と関係があります。

ドベイツは、次のように述べています。「当社は、個人投資家がセントレジス・アスペンリゾートという極めて魅力的で優れた資産の持分を所有する機会を提供することになる業界初の不動産信託の売り出しを計画しています。従来、このような名高い優良個別物件の持分を取得できるのは、機関投資家に限られていました。今回のIPOは、こうした方式を覆すと同時に、個人投資家に単一資産への投資における流動性面での柔軟性を提供することになります。当社が提供する価値は革新的なものであり、極めて魅力的であると考えます。」

マキシム・グループが今回の売り出しの販売主幹事を務めます。アスペンREITは、単一資産REITとして初めて米国の全国規模の証券取引所に上場することにより歴史を変えることを目指しています。

個人の方は、暫定目論見書を含む募集届出書の最新版を以下のリンクより入手できます: www.m-vest.com/aspenreit。また、本売り出しの詳細に関するお問い合わせは電話(800-645-9144)でも受け付けています。

アスペンREITについて

アスペンREITは新たに設立された企業で、敷地内に4つの飲食施設と総面積2万9000平方フィートの屋内外の会議場・宴会場を備え、ロッキー山脈の眺めを楽しむことのできる179室のフルサービスの高級ホテルであるセントレジス・アスペンリゾートを所有することを意図しています。セントレジス・アスペンは、マリオット・インターナショナルの子会社により運営されています。セントレジス・アスペンは、スキーのワールドカップ、ESPNのウィンター・エックスゲームズ、フード・アンド・ワイン・クラシック、アスペン・ミュージック・フェスティバルなど、年間を通して様々なイベントが開催される名高いリゾート地であるコロラド州アスペンにあります。アスペンREITは、単一資産を保有するREITでは初となる全米規模の証券取引所への上場を目指しており、ニューヨークに本拠を置く不動産管理・顧問会社であるエレベーテッド・リターンズが過半数を所有する子会社によって外部運用されています。

将来見通しに関する記述についての注意事項

本プレスリリースには、「将来見通しに関する記述」が含まれています。本プレスリリースに記載されている情報が財務見通し、当社の事業計画、業績、商品、市場に関する情報または予想、あるいはその他の将来の出来事に関わるものである場合、そのような記述は将来見通しに関する記述です。このような将来見通しに関する記述は、「はずである」、「かもしれない」、「意図する」、「期待する」、「考える」、「推定する」、「予測する」、「予見する」、「予想する」、「計画する」、「提案する」といった文言により特定することができます。こうした将来見通しに関する記述において示された予想は妥当な前提に基づくものであると考えますが、実際の結果がこのような将来見通しに関する記述と大きく異なるものとなる原因となる可能性のある数多くのリスクや不確定要因が存在します。当社がSECに提出する募集届出書の「リスク要因」のセクションおよびその他の場所における記述を含め、注意事項およびその他の開示情報を注意深く確認し、熟慮されることをお勧めします。将来見通しに関する記述は、その記述が記載された文書の日付時点のものであり、アスペンREITは適用法令により義務付けられている場合を除き、将来に関する記述を更新する義務を負うものではありません。

免責条項

本売り出しは、目論見書によってのみ行われます。本証券に関連したフォーム1-Aによる募集届出書が証券取引委員会に提出されていますが、その効力はまだ生じていません。

本プレスリリースは、本証券の販売の申し出や購入の申し出の勧誘に当たるものではなく、いかなる州または法域においても、当該州または法域の証券法による登録または有効化前のこのような申し出、勧誘または売り出しが違法とされている場合、これらの証券の売り出しを行うものではありません。

このような売り出しに関して、現時点ではいかなる金銭その他の対価の支払いは求められておらず、このような売り出しに関わる文書に関して金銭が送られても受け取ることはありません。募集届出書が米国証券取引委員会により有効とされるまではいかなる証券も販売されることはなく、証券の購入の申し出も受理されず、またレギュレーションAによる売り出しに関する購入価格が受領されることは一切ありません。また、このような売り出しは、募集届出が有効とされた日以降、受領が通知される前であればいつでもいかなる義務または責務を負うことなく撤回または取り消される可能性があります。レギュレーションAによる売り出しにおいて潜在的な投資家が行った取引意向の表明は拘束力を持たず、いかなる義務または責任も伴いません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Lead Selling Agent Contacts:
Maxim Group LLC
Joseph Rallo, 800-537-6923
jrallo@maximgrp.com
または
Vera Carbone, 800-537-6923
vcarbone@maximgrp.com
または
Media Contacts:
ICR
Jason Chudoba, 646-277-1249
Jason.Chudoba@icrinc.com
または
Matthew Chudoba, 203-682-8217
Matthew.Chudoba@icrinc.com

<提供:ビジネスワイヤ>

Businesswireとは

ニュースリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダー。
対象は185カ国50言語に渡り、包括的な配信からターゲット配信まで、多様なニーズに応じます。
ビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。
ビジネスワイヤ http://media.businesswire.jp/

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp