FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

Klug Prestige

ナビスフィア・ビジョンがグローバル・サプライチェーン管理を革新

CHロビンソンがグローバルな可視化および自動化機能を1つのプラットフォームにまとめた次世代製品を発表

ミネアポリス--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- サードパーティー物流プロバイダー(3PL)大手のCHロビンソンは本日、サプライチェーン技術のナビスフィア・ビジョン(Navisphere® Vision)によって大胆な新たな革新をもたらします。ナビスフィア・ビジョンは、あらゆる形態や地域にわたるリアルタイムの世界的可視化を1つのプラットフォームで提供します。経験豊かなサプライチェーン専門家に世界レベルの技術と顧客情報を豊かに組み合わせることで、CHロビンソンは世界のサプライチェーンをより整然とした自動化された効率的なものにし、サプライチェーンを刷新しています。



ナビスフィア・ビジョンは、CHロビンソン独自のナビスフィア技術プラットフォームの強力で実証された能力を継続的に向上させています。CHロビンソンのTMC部門の顧客であるマイクロソフトは、2016年のアルファ・リリースの時からナビスフィア・ビジョンを使用しています。

マイクロソフトのグローバルロジスティクス上級マネジャーのAlaina Hawkins氏は、このように述べています。「ナビスフィア・ビジョンは、当社が以前は理解できなかったことを理解するために役立ちます。サプライチェーンの中で起こっているリアルタイムのイベントにデータを結びつける可視化機能を利用できます。ナビスフィア・ビジョンは、より精密なリアルタイムのレベルで意思決定をするために役立ちますので、発生する課題に対応することができ、対応がより規則的になり、サプライチェーン全体の予測可能性が高まり、顧客への適時納品を可能にするための協力を拡大できます。素晴らしく強力な製品です。」

ナビスフィア・ビジョンでは、SKUレベルまでリアルタイムの可視性が提供されるだけでなく、天気、交通、最新事情が影響する可能性についての情報を得ることができ、予測的分析機能により、出荷時に優れた意思決定を素早く行うために有用です。サプライチェーンに対するこの次世代のリアルタイム可視性により、在庫移動管理、予想的ステータス・アップデート、混乱の限定、リスクの抑制が可能になり、商品を出荷する企業は、顧客サービスとコスト管理を改善することができます。企業は、世界の在庫すべてを一元的に把握できますので、運転資本管理や現金サイクルの管理が容易になります。世界的なリアルタイムの可視性に新たなサプライチェーン把握機能が加わることで、正確な意思決定を機動的にリアルタイムで行うことができますので、競合他社の一歩先を進むことが可能になります。

TMCプレジデントのJordan Kassは、次のように語っています。「業界には、これまでも幾つのサプライチェーン可視性ツールはありましたが、ナビスフィア・ビジョンは、次世代のシステムです。ナビスフィアは、グローバルであるだけでなく、可視性機能にとどまらず、サプライチェーンの混乱を発生前に予測するために利用することができます。」

CHロビンソンの最高情報責任者(CIO)を務めるChad Lindbloomは、このように語っています。「このソリューションは、当社の顧客に独特のメリットを与えます。輸送方法を問わず世界の全地域に対応しているほか、可能性のある混乱時のレイヤリングにも対応し、強力なデータや情報が提供され、素早く変更を加えることができます。ナビスフィア・ビジョンは、API技術を活用することで、他のすべてのサプライチェーン情報源を1つにまとめ、現在最も効率的なリアルタイムのソリューションを利用者に提供しています。また、サプライチェーン業界ではこれまでにない新たなレベルの機械学習およびデータ技術を取り入れています。」

ナビスフィア・ビジョンについて詳しい情報は、www.chrobinson.com/NavisphereVisionで入手できます。

CHロビンソンについて

CHロビンソンでは、世界貿易を促進し、製品・物品のシームレスな配送を実現することが世界経済を推進することを信じています。当社の博識な従業員、実績あるプロセス、及び世界的な高水準な技術の強みを活用するによって、私たちは顧客がより賢く楽に働けるようの業務をより効率化できるように支援しています。世界最大級のサードパーティー・ロジスティクス(3PL)のうちの一社である当社は、280カ所のオフィス及び1万4000人を超える従業員から統合されたネットワークを通して、13万社以上の顧客と7万1000社以上の契約運送会社に広範な囲にわたる物流サービス 、新鮮な農産物の調達、マネージドサービスおよび管理業務を提供しています。さらに、当社、当社の財団、従業員は、毎年各種の組織に数百万ドルを寄附します。ミネソタ州イーデンプレーリーに本部を置くCHロビンソン(CHRW)は、1997年以来NASDAQに上場されています。詳細については、http://www.chrobinson.comをご訪問ください、また当社の動画をご覧ください。

TMC(CHロビンソンの1部門)について

世界のサプライチェーンはますます複雑化になっています。企業が発展して競合他社の先を進むためには、最新の技術と業界の専門知識が必要です。TMC(CHロビンソンの1部門)は、サプライチェーンのスピードを上げ、力を強め、効率を高める方法を理解しています。世界的物流管理のリーダーとして、当社は業界の専門知識を世界的技術プラットフォームのナビスフィア(Navisphere®)と組み合わせ、世界で最も複雑なサプライチェーンをサポートしています。当社の物流エキスパートは、世界のコントロールタワー(Control Tower®)であるアムステルダム、シカゴ、ムンバイ、サンパウロ、上海、ヴロツワフの6拠点に配置されています。このコントロールタワーのネットワークは、当社の技術プラットフォームに支えられ、顧客をサプライヤーやサプライチェーン・パートナーに結びつけています。当社の顧客は、このような能力を活用し、輸送方法を問わず170カ国以上で物流を管理しています。詳細情報については、www.mytmc.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

C.H. Robinson
Kylie Crull, 952-683-3508(o)
Communications Specialist
952-232-8027(m)
Kylie.Crull@chrobinson.com

<提供:ビジネスワイヤ>

Businesswireとは

ニュースリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダー。
対象は185カ国50言語に渡り、包括的な配信からターゲット配信まで、多様なニーズに応じます。
ビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。
ビジネスワイヤ http://media.businesswire.jp/

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp